利率変動型積立終身保険の見直し



利率変動型積立終身保険の見直し
<生命保険の基礎知識と共済>

利率変動型積立終身保険の見直し



利率変動型積立終身保険は、毎年のように保障の見直しが自由にできる保険です。
(利率変動型積立終身保険とは、積立終身保険に定期保険特約などを追加した保険になります。)



定期付終身保険は生保の主力製品として売れましたが、転換をつかった見直し方法で色々なトラブルが起こりました。
転換とは、保障ニーズが変わったときに、今の保険を下取りに出して新しい保険にはいることです。



トラブル例としては、保険料をほとんど変えずに、定期付終身保険を増額したら、
終身保険の部分が大きく減っていたことなどがあります。

解約返戻金の金額は終身保険が元になっているので減額すれば、解約した時に戻ってくる金額が減ってしまいます。
老後の生活のために解約返戻金を当てにしている人にとっては痛手になってしまうのです。



利率変動型積立終身保険では、払い込んだ保険料が保障と貯蓄にハッキリとわかれています。従来の保険商品ではこの境目が不鮮明でした。



そして、積立部分を、ライフスタイルの変化に応じて、自由に保障のほうに移動させることができます。
つまり、保険料は一定のままで保障金額を増やしたり、または、保険料を減らして一定の保障金額を保つことなどもできます。



また、積立部分は利率の変動によって変化するので、将来的に金利があがると思ったときに入ると得する保険になります。

現在の予定利率は低いため、少しでも保障を増やしたいという人たちの人気商品となっています。


<このページのポイント>

  • 利率変動型積立終身保険・・・保険料が保障と貯蓄にわかれているため見直しが簡単な保険。ライフプランにあわせて積み立て部分を自由に動かせる。




次へ コラム. 『入院』by闘病!格闘詩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です