積立利率変動型終身保険とは?



積立利率変動型終身保険とは?
<生命保険の基礎知識と共済>

積立利率変動型終身保険とは?



積立利率変動型終身保険とは、一定期間ごとに積立部分の利率の見直しがされ、
市場金利によっては解約返戻金や死亡保険金額が増加する保険のことです。
もし、低金利になった場合でも最低保障があり、一度増えた解約返戻金や保険金は減ることはありません。



積立利率の最低保障は1.75%の保険会社が多いようですが保険会社によって異なるので確認してください。



老後の年金資金やお葬式、お墓代の準備資金などを目的にしてはいる方が多いです。
解約返戻金で比べた場合、一般的な終身保険よりコストは安くなります。
もちろん、終身保険なので、契約時から一生涯死亡保障もついています。



また、保険料が割安で、払込終了時まで一定金額です。
公的年金のように、経済や社会変化によって保険料が見直されることはありません。


さらに、保険商品には一般の金融商品に比べて税金での優遇措置が多いです。
長期であればあるほど貯蓄としての価値も高まります。



積立利率変動型終身保険と名前が似ていて紛らわしいのが利率変動型積立終身保険です。
利率変動型積立終身保険では、保険料の払込みが終わるまでは、
万が一のことがあったとしても積み立ててきた保険料に応じた分の保険金しか受け取れません。
一定額の死亡保障がつくのは保険料の払込みが終わった後です。
死亡保障がほしい場合は、特約などをつける必要があります。



利率変動型積立終身保険は、いわゆるアカウント型などといわれ、見直しを前提とした場合にお得な保険となっています。


<このページのポイント>

  • 積立利率変動型終身保険・・・市場金利によっては解約返戻金や死亡保険金額が増加する終身保険のこと。




次へ 利率変動型積立終身保険の見直し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です