終身保険の種類は?



終身保険の種類は?
<生命保険の基礎知識と共済>


スポンサードリンク





終身保険の種類は?



終身保険は、定期保険と比べて保険料が高いですが、解約した場合も高額の解約返戻金があたります。
つまり、死亡保障以外にも、万が一のための貯蓄としての機能もあわせもちます。



終身保険には、普通終身保険と定期付終身保険、連生終身保険、低解約返戻金型終身保険、外貨建て終身保険などの様々な種類があります。



■普通終身保険

普通終身保険は、ベーシックな終身保険になります。保険料の更新もないのでずっと同じ金額です。
普通終身保険に加入してから、いつ亡くなっても一定の死亡保険金があたります。
定期保険と違って、必ず保障があります。



■定期付終身保険

定期付終身保険は、終身保険に定期保険をプラスしたものです。もちろん、いつ亡くなっても死亡保険金が出ます。
定期保険を掛けていた期間に亡くなると、その分大きな死亡保険金がもらえます。
たとえば、子どもが小さいときだけ保障を厚くしたいお父さんが使ったりします。



・定期付終身保険の保険料の更新方法

定期付終身保険の保険料の更新には全期型と更新型があります。
全期型は普通終身保険と同じようにずっと保険料が変わりません。
しかし、更新型は年齢や利率によって再計算されるので保険料がアップしていくので注意が必要です。
また、定期付終身保険の定期の分は掛け捨てになるので、解約返戻金はありません。終身保険の分だけです。



■連生終身保険

連生終身保険は、2人で同じ終身保険に加入することです。
つまり、被保険者が2人になり、夫婦で加入することが多いです。
ひとりずつ終身保険に入るよりも保険料が割安になるという特典があります。



■低解約返戻金型終身保険

保険料を払い込んでいる期間に解約した場合は、解約返戻金の金額が少なくなりますが、その分、保険料が割安になる終身保険です。
特に、有期払いにして早めに保険料を払い終わらせるとお得です。
なぜなら解約返戻金の金額が元の保険料に対する金額に戻るからです。
つまり、少ない保険料負担で大きな解約返戻金を受け取ることができるようになります。



■外貨建て終身保険

日本に比べて金利のたかい外貨で運用することで予定利率が高くなります。ただし、為替変動によるリスクはあります。
(参考記事:「外貨建ての終身保険にはいる」)



<このページのポイント>

終身保険の種類をまとめました。

・普通終身保険・・・基本となる終身保険。保険料が変わらない。

・定期付終身保険・・・終身保険に定期保険を上乗せしたもの。

・連生終身保険・・・2人で入る終身保険。夫婦が多い。保険料が割安。

・低解約返戻金型終身保険・・・解約返戻金の金額が少なくなるかわりに保険料が割安になる。

・外貨建て終身保険・・・利率の高い外貨で運用するので予定利率が高いが為替リスクあり。



スポンサードリンク




次へ 定期保険の種類は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です