生存保険(個人年金保険)



生存保険(個人年金保険)
<生命保険の基礎知識と共済>

生存保険(個人年金保険)



生存保険は、生きている間、必要なお金を自分で用意するものです。
死亡保険が遺族のために入るのに対して、生存保険は自分のために入る保険です。
保険の満期時まで生きていたら保険金が支払われます。


しかし、純粋な生存保険だけというものはなく、個人年金保険やこども保険などにふくまれる形で販売されています。



年金といえば、公的な制度である国民年金や厚生年金もありますが、
少子高齢化とともに公的年金制度が破綻するのではないかといわれています。
年金を受け取る老人に比べて、年金を支払う若者が減っていけば、収支のバランスがくずれてしまいます。
若者ほど将来的にもらえるはずの年金にシワ寄せがくるのは目に見えています。


個人年金保険

そこで、自分の老後を守るために、公的年金とは別に、自分で作る年金が個人年金保険になります。
個人年金は金利が良いので老後の貯金代わりに使われることも多いです。
さらに、生存保険だけでなく、万が一死亡した時のための死亡保障もついてきます。


個人年金保険の種類

個人年金保険は、年金の受け取り期間によって、終身、確定、有期の3種類にわかれます。
終身個人年金は、被保険者が生きている間(つまり、終身とは亡くなるまでという意味)、年金を受け取リ続けることができます。
確定個人年金と有期個人年金は、決まった期間だけ年金を受け取ります。
確定個人年金は被保険者の生死にかかわらず、年金を受け取ることができます(確定とは受け取る期間が確定しているという意味)。
一方、有期個人年金は、生存している間だけの受給になります。



また、終身個人年金や有期個人年金は保証期間をつけるのが一般的で、保険料の払込期間中に亡くなった場合は、
すでに払い込んだ保険料と同じくらいの死亡給付金が支払われます。


夫婦連生終身年金

また、夫婦で入る夫婦連生終身年金もあり、
2人で同じ年金に入ることで一人ずつ入るよりも保険料が安くなるというメリットがあります。


個人年金を受け取る年金額で見た場合

受け取る年金額が一定の定額個人年金と変わる変額個人年金があります。
変額個人年金は、運用の結果によって年金額が変動するハイリスクな商品です。
払い込んだ保険料より、多い年金が受け取れる場合もありますが、下回ることも覚悟しないといけません。


<このページのポイント>

個人年金保険の種類を一覧にしました。






















個人年金の種類年金受け取り条件 備考
終身終身
(生きている間)
保証期間をつけるのが一般的。保険金額は高くなるが長生きすればするほどお得になる。
確定保障期間すべて(生死問わず) 途中で亡くなったら遺族が受け取れる。
有期保障期間の中で生きている間 保証期間をつけるのが一般的。
夫婦連生
終身
夫婦どちらかが生きている間 2人で加入するため、一人ずつ入るよりも保険料が割安になる。





次へ 生死混合保険(養老保険)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です