生命保険は目的別で3種類



生命保険は目的別で3種類
<生命保険の基礎知識と共済>


生命保険は目的別で3種類



生命保険の目的は、死亡保険、生存保険、生死混合保険の3つに分けることができます。

死亡保険

死亡保険は、保険期間中に被保険者が亡くなったときに(高度障害状態もふくむ)、死亡保険金が支払われる保険のことです。
残された家族の生活保障のために加入します。


生存保険

生存保険は、被保険者が契約期間満了時まで生きていたときに支払われる保険です。
学費の補助や老後の経済的安定など自分のために入ります。
生存保険は単独で販売されることはありません。


生死混合保険

死亡保険と生存保険をあわせたものが生死混合保険です。
被保険者が保険期間内に死亡すれば死亡保険金が支払われ、
期間満了まで生きていれば満期保険金が支払われます。
たとえば、養老保険や個人年金保険などがそうです。


<このページのポイント>


















保険の種類保険の受け取り条件 保険の目的
死亡保険被保険者が亡くなったとき 被保険者が亡くなった後に残る家族のため
生存保険被保険者が生きていたとき 被保険者の将来や老後の生活の備え
生死混合保険被保険者の生死いずれにせよ 貯蓄がメインだが死亡にも備えたい






次へ 死亡保険(定期保険と終身保険)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です