保険とは?<保険の基本>



保険とは?
<保険の基本>


「プロが選んだ 自分が入りたい保険ランキング」死亡保障部門で「週刊ダイヤモンド」発売初年度から2年連続第1位

保険とは?



「一寸先」は闇といいますが、この世の中、生きていると何が起こるかわかりません。
若くて健康に自信のある人でも、不意の天災や事故などにあうこともあります。


また、年をとれば生活習慣病などの病気になる可能性も
高まります。平均寿命もどんどん延びているので長生きのリスクも増えています。


私たちはそういった日々の不安に備えて、リスクマネジメントをしながら生きていく必要があります。
そのためにも、まず始めに思い浮かぶのが、お金を節約して貯金をすることです。


しかし、家事で家が焼けてしまったり、ガンで高額医療費がかかってしまったりと、何百万、何千万という大金が一気にかかり、
個人で払える金額を超えてしまうこともあります。
もちろん、そういった場面に必ずしもあうとは限りません。しかし「100%ない」ともいいきれません。



そんなとき、同じ心配を持つもの同士で少しずつお金を出しあえば大きな資金を集めることができます。
そして、その資金の中から、不慮の事故や死亡などの不幸が起きた人にお金を回せばとても助かります。



このように、個人の「リスクマネジメントの役割」と集団の「相互扶助の精神」でできているのが「保険」です。
私たちは普段から、約束の時間に早く行ったり、会議では資料を多めに用意したりしてリスクに予め対処をしながら生きています。



そういった万が一のための準備の最たるものが保険といえます。昔からいわれるように「備えあれば憂いなし」なのです。


<このページのポイント>

  • 保険の役割・・・リスクマネジメントの役割、相互扶助の精神




次へ 日本で初めての保険と福沢諭吉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です